MENU

便秘に効く青汁とは?成分や解消方法などを詳しく解説!

 

 

青汁の主原料も多様化していて、明日葉や大麦若葉などケール以外の主原料を使っているものがたくさんありますし、目的によって効果を高める成分がプラスされている商品もあります。原料が違うということは含まれている成分にも違いが出てきますし、成分が持つ効果によって青汁から得られる効果も変わってきます。

 

ですので、便秘解消を目的に青汁を購入しようと考えている方は、便秘に効く青汁はどんなものなのかをチェックおきましょう。

便秘に効く成分とは

 

便秘の原因は、不規則な生活習慣や偏った食生活、ストレス、運動不足などが挙げられますが、一番の原因となるのは野菜不足です。野菜には便の排出に必要な栄養素がたっぷり詰まっているので、野菜が不足すると腸内の善玉菌が減少して悪玉菌が優位になるため、腸の働きが低下して便秘になってしまいます。

 

青汁は現代人に不足しがちな野菜の栄養素がたっぷり詰まっていますから、基本的にはどんな青汁でも便秘の解消効果が期待できます。ですが、腸内環境が悪化している状態だと、単に野菜の栄養素を摂るだけでは便秘を解消できないこともあります。

 

便秘を解消するには、善玉菌を活性化して腸内環境を整えなくてはいけません。青汁に含まれる食物繊維は善玉菌の餌となるので、善玉菌を増やす効果は得られるのですが、さらに効果的なのは乳酸菌です。

 

乳酸菌は善玉菌の一種なので、ダイレクトに善玉菌を増やせますし善玉菌の餌にもなってくれますから、効率よく働きを活性化して便秘を解消できます。また、甘味成分のオリゴ糖も善玉菌を増加させる働きがあるので、便秘に効く青汁は乳酸菌やオリゴ糖が入っているものを選ぶといいでしょう。

 

青汁で便秘を解消するには

 

食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などが入った青汁は便秘解消にとても効果的です。ただ、いくら便秘に効く成分が入っている青汁を選んでも、毎日飲み続けないと効果は得られません。

 

例えば、優れた美容成分が配合されている基礎化粧品であっても、毎日きちんとスキンケアをしなければ美肌効果は得られないのと同じです。便秘に効く成分も、毎日摂取することで腸内環境が改善されて便秘が解消されるので、続けることが重要です。

 

いくら効果が高い青汁でも不味くて飲みづらければ3日坊主で終わってしまうかもしれません。それでは効果がないので、便秘に効く青汁は配合されている成分だけではなく、自分が美味しい、飲みやすいと感じられるものを選んでください。

 

青汁にはトライアルや無料サンプルなどがあるので、まずはいろいろな青汁を試して続けられるものを探してみましょう。

 

おすすめサイト:初めての青汁ナビ.com